【祇園ねぎ焼き かな 東店】京都最強の粉もん!ランチでも予約必須の絶品カウンター鉄板焼き!

 

本日ご紹介するお店

祇園ねぎ焼き かな 東店

  • 京阪祇園四条駅 徒歩約8分
  • OPEN 12:00〜
  • 定休日 月曜日・第三火曜日

 

 

八坂神社・祇園東山エリア:京都で昔から親しまれる「べた焼き」カウンター12席、目の前で焼いてくれる鉄板焼きは1度食べると忘れられない!-祇園ねぎ焼き かな 東店-

 

創業36年ながらも八坂神社付近・祇園という場所で

親しまれている昔ながらの鉄板焼き屋さん

何と通常お昼12時から翌4時まで営業!!

 

もう燃えてしまうのではないか…と思うほど

変色している壁貼りメニュー

 

店内はカウンター12席、椅子の後ろはすぐに壁

完全にすれ違えない、奥に座ればお手洗いに行く際

一旦ドアから外を経由して再び店内へ…というほど狭い

 

テーブルにメニューは無くて全部壁を見て頼む

きっと寡黙な強面のおじさまが目の前で

調理してくれるんだ…と思いきや、調理はママが2人

「注文ちょっと待ってな!」

「おまたせ!なんにする?」

「卵はのせとく?」

なんて常連さんにも初めてさんにも変わらず

近所のお母さんの雰囲気で話してくれる

 



 

「ほんなら作っていくわなー」

なんて声をかけてくれて何て事ない会話を少し

具材と卵が入ったボールをカチャカチャすると

 

サーっと鉄板へ

少しグツグツさせるとコテでクルリと巻いていく

 

特製だしまき ¥600

「半熟でも食べれるからな!熱いし気ぃつけや」

 

紅生姜・ネギ・天かすが入った特製だし巻き

やっぱり熱々の鉄板で豪快に作るだし巻きは

ふわっふわ♡

具材とお出汁の味がしっかりしているので

お醤油へ大根おろしなんてものは一切必要無し!

 

これはね…1人1品注文すれば良かった…と思う程

めちゃくちゃ美味しい

 

「ほな次作っていくわなー」と

クレープのように薄く生地を焼き九条ネギをドバーッッ!

 

イカ・天かす・紅生姜…そして再び生地を静かにかける

あれよあれよと言う間に華やかな見た目になる

 

卵をカンっと割と軽く混ぜてクルリと生地の下へ

「味、ソースと醤油あるけどどっちがいい?」

と途中で聞いてくれる

 

ねぎ焼き 卵入り イカ(醤油味) ¥700

京都下町で昔から親しまれているねぎ焼きは

何とピザ切り!!

京都でピザ切りなのは珍しので聞いてみると

「端っこの人可哀想やろ?」とナルホド!

 

まずお伝えしたい事は

醤油味、正解!!!!

鉄板のおかげで焦がし醤油に近い味は

薄いのにモッチリ生地とシャキシャキねぎ、

イカの弾力に紅生姜♡

ソースもいいけど1度は醤油味を試してもらいたい♡

 



 

そしてねぎ焼きとほぼ同時進行、これまたササッとお好み焼き

ジュージュー良い香りがし始めると

「よっしゃ!おまたせ!ソースかけるで!」

 

クルッとソースをかけると鉄板に垂れて

グツグツとてつもなく良い香り〜♡♡♡

 

お好み焼き ミックス ¥800

粉末鰹節、青のりをササッと振りかけてくれる

ミックスは牛・豚・ちくわ・イカ全て入っていて

一口食べる事にそれぞれの味がしっかり映える

 

ソースは少し甘めで生地がフカフカ♡

キャベツや具材がたっっっぷりなので食べ応え抜群

 

焼きそば 豚 ¥700

中華麺を半分はモチモチ、残り半分をカリカリに

焼くという絶妙な焼き加減の焼きそば

カリカリの部分は香ばしくて美味しくて

モチモチ麺の部分は麺の味を無くさず

ソースも濃過ぎず言う丁度いい量に♡

 

ご夫婦やカップル、同性同士にお子さん連れ

色んなお客さんと会話しながらササッと作る鉄板焼き

味は勿論、ママさんたちとお話しするのもとても楽しい

12席のみの小さなお店なのでランチ時、ディナー時は

必ず予約していく事をおすすめします!

 

京都の最強粉もん、ねぎ焼きやべた焼きを

本当に美味しく食べられるお店、是非是非行ってみてください!

祇園ねぎ焼き かな 東店

 



 

にほんブログ村、人気ブログランキングに登録しています!

こちらのバナーを押してもらえると嬉しいです!

↓↓↓よろしくお願いします!

にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ

にほんブログ村

 

京都食べ歩きランキング

 

エリアでお店をお探しの方はこちら

四条烏丸 / 烏丸御池 / 二条・四条大宮 / 今出川・丸太町 / 出町柳 / 京都市役所前・三条京阪 / 四条河原町・先斗町・祇園 / 五条・京都駅 / 円町 / 西院

 

ネット予約ができるお店はこちら

Author: mugio&mugiko

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です