生涯 記憶に残る名物〔喫茶 マドラグ〕

 

今回お伺いしたお店は

喫茶 マドラグ

.

地下鉄烏丸線 烏丸御池駅 徒歩約9分

.

 

行列必至!レトロな空間で味わえるのは、幻の洋食店コロナから受け継いだふわふわ卵サンド!‐ 喫茶 マドラグ ‐

 

.

もう有名すぎて

ほとんどの人が知ってると思う

それでも敢えて紹介したいこちらのお店

.

1963(昭和38)年から続いてきた

「喫茶セブン」

その店主さんの他界により

京都でカフェ「さらさ」を運営している方が

引き継いだという

こちらが当時の外観(ネット検索からお借りしました)

.

.

今でも屋号は「喫茶セブン」のままらしいよ!

.

そして

1945(昭和20)年 創業

2012年2月惜しまれつつ

幕を下ろした木屋町の洋食店「コロナ」

厨房に立ち続けた店主 原昌二さんは

閉店時の年齢は96歳というご高齢

京都の名物といわれた料理人だった

.

「コロナ」は看板メニューも多く

そのなかでも「玉子サンド」を目当てに行列が

できる程の人気の味

そんな凄いお店の味が食べられなくなったと

当時話題になりファンが悲しみに溢れていた

.

そんな中「コロナ」の店主から

直接作り方を教えてもらい

「コロナの玉子サンドと名乗ってよし」との

お墨付きをもらった人が現れる…

.

「喫茶セブン」の看板はそのまま

店内をリノベーション

洋食店「コロナ」の味を継承するという

場所・ファン達の想い出を引き継いだお店

それが

「喫茶 マドラグ」

.

 

 

 

.

店内はレトロ

テーブルの足とかアンティーク風で素敵

.

.

メニューは一部抜粋

 

 

.

ここまできたら食べるものは決まってる!

コロナの玉子サンドイッチ ¥800

.

ふっっっっわふわ!

京都の玉子サンドはオムレツ系が多い

茹で卵潰してマヨネーズのやつもあるけどね!

.

顎が外れるんじゃないか?と思うほど

大きな口を開けてパクッと

このサンドイッチ

片方のパンにはマスタードが少し入ったマヨネーズ

もう片側にはトマトソースとデミグラスソースを混ぜたソース

その間にこのオムレツに近いたまご焼き

たまご焼き、なんと卵4個と牛乳で

ここまでふわふわに出来るらしい

.

.

こちら

カレーピラフ

日替わりランチみたいなやつだった

メニュー写真撮り忘れて詳しく書けません

ごめんなさい

.

しっかりカレーの味がして

調理されている時から良い香り♡

.

そしてめちゃくちゃ量が多い

玉子サンドも1つ1つがめっちゃ大きい

店員さんからもクスクス楽しそうに

「多いですよね!食べれますか?頑張ってください 笑」

と頼みすぎやでエールをいただいてしまうほど

.

他にもたくさんあるメニューどれも美味しい

でも来店したほとんどの人が

「マドラグの玉子サンドイッチください!」と頼む

.

このサンドイッチ、マドラグで出した最初は

元々のファンの方々から「これじゃない」など

色々痛烈なアドバイスを貰ったらしい

でもやっぱり努力の賜物なんだろうな

若い人から年配の人まで

小さい子連れの人たちも

皆この玉子のサンドイッチを目の前にして

目がキラキラ輝く

そして一口「美味しい!」と笑みが溢れる

.

当時の喫茶セブン、洋食店コロナを

愛していた人たちは

当時の記憶や想い出が蘇るんだろうな

.

そして私たちの世代

そしてこれからの世代の人たちは

「喫茶 マドラグ」の味として

一生私たちの記憶に残るんだろうな

.

玉子のサンドイッチにそこまで思う?

と感じる人も居ると思う

それでも色々な人たちの気持ちや愛情が

とてつもなく感じられる

コロナの玉子サンドイッチ

.

まだ食べた事ない人も

最近食べてないなという人も

是非色んな思いを馳せながら食べに行ってみてください◎

.

こちらのお店予約は

席のご予約は11:30に来店の場合のみ

店頭及びお電話で受付け

あとは直接お店に行って名前を伝えて

「○○時に来てください」と言われるタイプです!

.

喫茶 マドラグ

.

 

 

 

カフェ関連記事はこちら

 

エリアでお店をお探しの方はこちら

四条烏丸 / 烏丸御池 / 二条・四条大宮 / 今出川・丸太町 / 出町柳 / 京都市役所前・三条京阪 / 四条河原町・先斗町・祇園 / 五条・京都駅 / 円町 / 西院

 

にほんブログ村、人気ブログランキングに登録しています!

こちらのバナーを教えもらえると嬉しいです!

↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ
にほんブログ村

 

Author: mugio&mugiko

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です