大正ロマンに想いを馳せて〔きんせ旅館〕

 

本日お伺いしたお店は

きんせ旅館

.

JR嵯峨野線 丹波口駅 徒歩約10分

.

.

京都島原にある雰囲気抜群の喫茶室 大正ロマンに想いを馳せるおすすめスポット – きんせ旅館 –

.

.

京都の花街といえば「祇園」

しかしここ「島原」も

かつては東の吉原・西の島原と呼ばれるほど

格式の高い花街だったらしい

坂本龍馬や新選組も通っていたとも言われている

これだけで歴女コーフンするね!

 

そんな歴史を感じる石畳を歩いていくと

左手に築250年以上の趣きのある建物

250年って!!

歴史の教科書には絶対載っている

江戸幕府の老中、田沼意次が生きていた頃の建物

想像出来ない!

.

この建物は

江戸時代は客が置屋から太夫や花魁などの

高級遊女を呼んで遊んだお店

大正後期頃からは旅館として愛されていた

.

現在こちらの旅館は

2階で1日1組限定で宿泊することが出来て

1階はカフェ&バー…

いや、喫茶室と呼ぶ方がしっくりくるかも!

そんな華美な空間を楽しめる場所になっている

.

.

それでは大正ロマンの世界へお連れいたしましょう♡

 

.

 

.

入り口ではステンドグラスがお出迎え

.

.

木目調のアップライトピアノや

レトロなランプシェード

.

そして皆さんご存知でしょうか

この2人掛けの椅子

吉沢くん

そう

.

あの国宝級イケメン

吉沢亮くん

.

が座った場所なのだー!

(むぎこ 知らんかったけど

吉沢亮くんの写真集のロケ地やねんて!)

.

.

上を見ると折り上げ天井

この大広間は元ダンスホールだったらしい

.

.

.

至る所にステンドグラス

お昼間と夕方では太陽の光の入り方が変わるので

だんだんと雰囲気が変わっていく

.

.

.

障子やふすまが基本だった昔の日本

当時のステンドグラスは超高級品だったらしい

.

.

洋風インテリアとは一味違う

和と洋が入り混じったような独特の世界観

このノスタルジックな世界観

もう病みつきになる

.

.

.

カウンターはまるで暖炉のよう

.

.

 

 

 

メニューが作文用紙

作文用紙を敢えて横書きにするなんて!

.

.

カフェオレ ¥650

本日のパウンドケーキ レモン ¥600

自家製レモンスカッシュ ¥600

.

.

このレモンのパウンドケーキ

すごくしっとりしていてアイシングの甘さとよく合う

.

そして自家製レモンスカッシュ

これがまた絶品

しっかりレモンが漬けられているシロップ

レモン独特の酸味は少なくとても飲みやすい!

.

.

こちらお手洗い

なんだか 何か 出てもおかしくない

むしろお洒落な 何か が出てきてほしい

そんなお手洗い(中のトイレは新しく綺麗だった)

.

.

入り口にもある一面のタイル

京都国立博物館や喫茶店や銭湯など

今でも色々な場所で目に入るよね

.

この旅館にもあるタイルは

大正6年(1917)池田泰山により

南区・東九条に設立された泰山製陶所

.

今やレトロ好き・タイルファンには

もうよだれが出るほど幸せになる

泰山タイルが貼られている

.

平日は15時から、土日は10時から

オープンされているお店

むぎこは 日曜日14時過ぎに行ったら

1組だけお客様が居て

お店のオーナーさんに写真を撮っていいか聞くと

「他のお客様が映らないように邪魔にならないように」

と言ってもらいのんびり撮影が出来た

.

16時頃には続々とお客様が来店するので

写真も撮りたいなと思う方は

少し時間をずらして人の少なそうなタイミングを

狙うべし!

.

この大正ロマンな雰囲気

独特の空間なのに落ち着く空気感

是非皆さんにも味わってほしいので

是非行ってみてください◎

(吉沢亮くんのファンの人たちも聖地巡礼的な感じで是非♡)

.

きんせ旅館

.

 

 

 

カフェ関連記事はこちら

 

エリアでお店をお探しの方はこちら

四条烏丸 / 烏丸御池 / 二条・四条大宮 / 今出川・丸太町 / 出町柳 / 京都市役所前・三条京阪 / 四条河原町・先斗町・祇園 / 五条・京都駅 / 円町 / 西院

 

にほんブログ村、人気ブログランキングに登録しています!

こちらのバナーを教えもらえると嬉しいです!

↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ
にほんブログ村

 

 

Author: mugio&mugiko

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です