美しいお茶を京都で愉しむ〔祇園 北川半兵衛〕

 

本日お伺いしたお店は

祇園 北川半兵衛

 

京阪祇園四条駅 徒歩約6分

 

 

京都祇園でお茶とお菓子のマリアージュが楽しめる-祇園北川半兵衛-

 

八坂神社からすぐ

京都らしい佐川急便さんがある道を歩く

 

 

文久元年創業 宇治の茶問屋「北川半兵衛商店」が

2018年に築120余年の京町屋にオープンしたお店

.

お昼は夜で雰囲気をガラリと変えるのも魅力の1つ

 

店内に入ると1階はテーブル席

黒というより墨色を基調としていて何とも重厚感があふれる

 

 

2階はソファ席

こちらも竹や墨色でシックにまとまっている

ちょうど良い音量のBGMが鳴っているので

喋りづらさは無く、とても落ち着く空間♡

 

メニューはこちら

さすが宇治のお茶問屋!

お茶の飲み比べがある

 

やっぱり京都といえばお抹茶

 

ここのパフェはお洒落なんだよ!

茶筒ってのもいいよね!

こちらのパフェは秋になると

限定 ほうじ茶パフェ が登場するよ!

 

 

 

 

 

 

飲み物もお抹茶やお茶、国産の紅茶もある

珈琲もあるからそれぞれ楽しめる

ただ…やっぱり高級ね!

立地的な事や高級な茶葉を使っていたり

お茶に合うお菓子も、いかにお茶と合うかを

計算して作っているから理解出来るけど

むぎこ的にはここのドリンクでお昼ご飯が

食べられるなってのが心の声

 

茶詠み 冷 ¥2,800

 

お茶5種飲み比べ

左から)お抹茶•煎茶•焙じ茶•和烏龍茶•和紅茶

一口菓子 付き

一口菓子と言いながら

しば漬けが一品に入っている

これはなかなかの粋!!

しば漬けに煎茶なんて…ちょっとした朝食が

ふんわり脳内をかすめるよ

 

左から)チョコレート•しば漬け•ゴマの甘いやつ•メレンゲ•ピスタチオのムースクッキー

 

(名前があやふやなのは店員さんに聞く間が無くて味の感覚で名付けています)

ただこの一口菓子は季節によって変わるので

季節によって新しい組み合わせが楽しめる

 

先程「高級」だと書いた

書いたけどそれぞれのお茶を楽しんでみて

この満足感は凄い

 

ここでむぎこ的お茶レポーーート!

…お抹茶…

苦味が無く深みが強い

冷たいドリンクで飲んでもお抹茶の味がしっかり感じられる

メレンゲと合わせるとお抹茶の深みに

メレンゲの甘さが合わさって

口当たりが特に良くなる

…煎茶…

適度な苦味に一口菓子の甘さがよく合う

飲んだ後お口の中がとてもさっぱりする

しば漬けは勿論、チョコレートが合うの!

抹茶チョコが巷で多い中

チョコレート×煎茶、めちゃくちゃ合うよ!

…焙じ茶…

人によっては焙じた苦味、

香りが苦手な人も居るけど

ここの焙じ茶は舌に残る苦味が全くない

とにかくまろやか

個人的には最後の最後、この焙じ茶で終わらせて欲しい

ピスタチオムースクッキーのふわふわサクサク感にはこの焙じ茶が合う

…和烏龍茶…

所謂中国系の烏龍茶の独特の味が全くない!

「これが烏龍茶?」と思うほど

煎茶よりも甘く、日本食に間違いなく合うこの味は

しば漬けとの組み合わせが抜群に良い

むぎこ的には和烏龍茶が一番感動した

…和紅茶…

和紅茶は最近色んなお店でも出回る様になったね

和紅茶はアールグレイのようなフレーバーもついてなく

苦味やクセも全くない

簡単に言えば、この和紅茶を飲みながらおにぎりが食べられる感じ

ゴマの甘ーいやつがよく合う

ゴマの余韻を残しつつ爽やかに紅茶の味で潤してくれる

.

金額的には少しお高めのカフェにはなるけど

改めてお茶の良さも理解出来て

お茶という飲み物をゆっくり嗜むことが出来る

本来お茶は温い方が味や香りがよくわかると言われるけど

冷たくてもとても美味しく頂けるので

その日のコンディションで楽しむのもいいね!

そんな素敵空間で楽しめる京都宇治のお茶屋さん

祇園という場所で是非楽しんでみてください!

祇園 北川半兵衛

 

こちらで北川半兵衛さんのお茶購入できます!


 

 




 

 

カフェ関連記事はこちら

 

 

エリアでお店をお探しの方はこちら

四条烏丸 / 烏丸御池 / 二条・四条大宮 / 今出川・丸太町 / 出町柳 / 京都市役所前・三条京阪 / 四条河原町・先斗町・祇園 / 五条・京都駅 / 円町 / 西院

 

 

ネット予約が出来るお店はこちら

 

 

にほんブログ村、人気ブログランキングに登録しています!

こちらのバナーを押してもらえると嬉しいです!

↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ
にほんブログ村


京都食べ歩きランキング

Author: mugio&mugiko

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です